気持良いメンバーで!!(追加更新)

こんにちは、HIRAKAWAです。本日は、許可が出ましたのでブログ初公開です。

私HIRAKAWA以外は、全員メディアに関わる皆さんです。いつもわいわい集まるメンバーに続々と新しいお友達が参加してくれる。皆さんお仕事がとても忙しく今回も4人がドタキャンでした。

SA3B0016もちろん、仕事優先なので問題ありません。「都合が良ければ」どうぞ!!的な、本当に気楽なメンバーです。お酒が入るとブログには書けない内容が次々と飛び交う(怖

「ご紹介しますね!!」

一番輝いている(ライトの横)ダンディーな方!!

「北芝健さん」数々のテレビ出演「徹子の部屋、踊るさんま御殿、中居の金曜日のスマたちへ」その他多数のテレビ出演。雑誌、新聞、書籍などなどでも活躍されています。

 

しかも、元警視庁私服捜査官なんです。とても興味深いお話で場を盛り上げる素晴らしい波動の持ち主です。
北芝健さん公式サイト:http://www.kitashibaken.jp/

HIRAKAWAはオレンジの服です。すぐ後ろに美紀先生、今後メディアを通して美紀先生が見れるかもね!?

私の横、HumanCube( ヒューマンキューブ )のボーカルmi-coさんです。もちろん生も!!!綺麗ですよ。「なすび」さんが福島、そして被災された方々に元気、勇気を届ける為、エベレスト登頂にチャレンジしていますね!なすびさん応援ソングを歌っています。オフィシャルサイト:http://humancube.jimdo.com/

 

SA3B0016一番右側のYさん。いつも幹事して頂きありがとうございます。某TV局系の方です。

右側から二番目:お友達の遠藤さんです。フジテレビ朝の情報番組(すぐ分かってしまいますね)のプロデューサー、お仕事が大変忙しいのですが、いつもわいわい楽しく来てくれます。

美紀さんの横:有名なコミック漫画「静かなるドン・蒼太の包丁・湯けむりスナイパー」などなど数多くの書籍、ムック、雑誌を出版している実業之日本社の鬼頭さんです。昔から仲良くさせて頂いています。よく漫画家の方をお連れするのでご縁に感謝です。有名所の漫画家も次回参加予定かも???

しかし、未だに私HIRAKAWAは、本を出版できずです(泣
お友達には恵まれているのですが(泣

最後に「異様なオーラ」を出しまくっている、中央の彼!!モーニング娘、真野恵里菜、℃-uteなどハロー!プロジェクト関連のイベントのMC・構成を多数務める。

構成作家のアラケンさんです。私が大好きな福島県出身です。ちなみに郡山市との事

t_0016

構成作家???:「プロデューサーやディレクターの要請に応じて、番組プラン・案を企画書に起こす作業である。一方構成とは、番組の進行プランを練り上げ、放送台本を作成する仕事を指す。放送番組は放送作家が書いた構成台本を元に制作される。ディレクターやプロデューサーが台本を書かずに、案だけを企画や構成にする場合もある」との事

ご紹介して頂いた遠藤プロデューサーとは高校時代の同級生で「アラケンに誘われてテレビの世界に入った」との事!!

なぜ???アラケンさんが構成作家になったのか?かなり笑えるストーリなので次回、チャンスがあったらブログ公開の許可取ってみますね。

 

今回はうすけぼー 南青山店で楽しい時を過ごせました。店内の「気」も良く食事も美味しかったです。

これからも、お友達の皆様と楽しくわいわい過ごせるようにしたいですね。多くの皆様との出会いに本当に感謝です。

 

追伸:先日の宇都宮コラボでの縁の和会(親睦会)は、写真公開の許可を取る事を忘れてしまい未公開となりました(反省

栃木の皆様!!宇都宮コラボ& 縁の和会(親睦会)参加もお待ちしております。

 

なすびあと100mのところでエベレスト登頂断念(追加更新)

先日、食事会でご一緒したHumanCube( ヒューマンキューブ )のボーカルmi-coさんが応援ソングを歌っている事から、個人的に気になっていましたが残念ですね。

593d45afb155d305db8bd21001529b62エベレスト登頂を目指していたタレント・なすび(38)が挑戦を断念したと4月29日(2014年)にブログで発表した。18日に大規模な雪崩が発生し、28日には同じく登頂を目指していたイモトアヤコ(28)や片山右京(50)も断念していた。

すでにベースキャンプを離れて下山したといい、「残念で悔しくて、悔しくて堪らなくて、こんな報告をせねばならず本当に辛いです」という。ネパール政府は登山の続行を示唆しているというが、「実は犠牲になってしまったシェルパ3名の遺体が引き上げられず、これから登山を続けるに当たって、そこの部分を通過する事に大きく意見の対立が生じてしまっているとの事」だという。

 

なすびは故郷の福島を応援するために、昨年もエベレスト登頂に挑んだが、頂上までの100メートルで断念していた。「こんな形でエベチャレ再挑戦が、幕を降ろされる事になるとは」と残念がり、ここ数日は「必死に自分自身と格闘を続けています」と語る。下山は徒歩を予定していて、「一週間弱掛かってカトマンズに戻る事になるかと」としている。

記事引用先:なすび公式サイト:http://evechalle.com/

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ