朗報が続く!(感謝)

10月も複数の朗報が届く。心からご祝辞申し上げます。

さて、10月10日は、友人の挙式が二つありました。残念な事に、体が1つしかない私HIRAKAWA、少し早めに、ご連絡頂いた知人の挙式への参加をきめており、一ヶ所しか参加できませんでした。本当に残念でした。

代表で参加を、お願いしていた白麗先生より写真が届きました。12077035_893744987378201_1714290122_n

ご本人様より、公開許可を頂いていない為「★」で、ごめんなさい。

お二人の末永いお幸せをお祈り申し上げます

 

 

 

 

 

 

 

 

0012泊3日で、福島県喜多方市山都町へ!宿泊は、20年近くお邪魔している民家へ。地域の方々とも、わいわい美味しいお酒で、時を過ごす。欠点と利点は、なんと!!携帯が使用できない山奥です。ネットとは無縁の地域で3日間を過ごす。とてもいいですよ。

深夜0時過ぎまで、会津のお酒でわいわい。

朝は、5時過ぎに起床と、かなりハード。

近場を散歩しても、山か川のみですが、空気は素晴らしく美味しい!!

 

 

 

 

 

002

写真、公開は出来ませんが、国の為に国民を守るお仕事をしております。

体を、鍛え上げ自ら命を守り、国民を守るお仕事。

20年近く前から祖父、祖母、父、母と知合い。彼は中学生だった。

今回の、結婚式に祖父、祖母の姿は、ありませんが、ちゃんと話題になり記憶がよみがえりるひと時でしたね。

高校生の時に「どんな仕事したい?」と、聞いた事がある。

 

 

今は、その通りの、仕事をしています。なんて、意志の強い人だろう~と、関心しております。最高の披露宴へ、ご招待頂きありがとうございました。

 

003

さてさて、会津ですよ!

もちろん、喜多方へ、あの店、この店、かるく100人位の行列でしょうか?

今回は、写真のラーメンを頂きました。

喜多方で餃子を頂き、宇都宮で餃子を頂き、帰宅後、晩御飯が餃子でした(泣)

シンクロは、怖~~い!!

 

 

 

DSC_0222

今回も、会津のお酒を、お土産に!!「吉の川」 川酒造店

初代の酒蔵も、見れました。

 

 

 

「吉の川」 川酒造店

DSC_0218

今回も、会津で皆様とわいわい楽しく過ごせた事に感謝です。

ありがとうございました。

 

 

 

 

公式HPより引用:「本当の地酒」喜多方市の吉の川酒造店の酒は、一言で言えばそう呼ぶのが相応しいように思う。吉の川酒造店を営む冠木家では、当主は代々「吉郎次」を襲名してきた。初代は江戸末期に分家し、油などを商っていたが、明治3年に二代目吉郎次が酒造株を取得し、酒造りを始めた。「吉の川」の名前は、吉郎次の「吉」の字をとったもので、ラベルの特徴ある髭文字も地元に愛され続けている。

吉の川酒造店の歴史を振り返る時、特筆すべきは五代目の房八氏ではないだろうか。「うちでは代々、地元喜多方全体でよい酒造りを目指してきました」と言うのは、七代目となる冠木孝専務だ。「私の祖父である五代目も、醸造技術の向上を目指し、さらに地元の酒の改良のために尽力したと聞いています」この房八氏の努力は実を結び、吉の川に大きな名誉をもたらす。昭和11年に受賞した「名誉賞」である。この賞は、隔年に開かれていた全国の品評会で3回連続入賞した蔵元に贈られるもので、福島県内で受賞した蔵は二つしかない。「祖父がこの賞を受賞して喜多方に戻って来た時には、駅前で大勢の人が迎えられ、祝賀パレードが行われたそうです」と、冠木専務。

吉の川の酒造りには、そんな代々受け継がれてきた情熱とこだわりが生き続けている。地方の蔵元の多くが吟醸や大吟醸などの特定名称酒に力を入れ、首都圏など広く全国にその販路を開く中で、吉の川はそのほとんどを地元、しかも喜多方で販売している。

「地元で売る」ということは、「地元で認められる」ことである。地元の人に、毎日の晩酌に飲んでもらう酒こそが吉の川の目指す酒だ。醸造する酒の七割が普通酒であるのもそのためである。

「地元を大事にしたい」と専務が強く意識したのは、まだ家業である酒造業を継ぐかどうか迷っていた頃のことだという。「全国どこに行っても、大阪の人がいるんですね。そして、どの大阪人も関西弁を堂々と喋り、地元大阪の食べ物などの自慢をするんです。それを見て、自慢できる故郷があるのはいいなと思いました。自慢できる故郷を作りたいと」吉の川では、米はほとんど地元の米を用い、それを自家精米する。もちろん水は飯豊山の恵み、豊かな伏流水だ。明治、大正時代に造られた蔵では、ほとんどの工程が昔ながらの手法で行われる。燃料こそ変わったが昔ながらの釜を用い、強い蒸気の釜でふかす。麹もすべて手作り。酵母も香りが違うという泡の立つ酵母で、その泡を消すのも人力で行う。全ての作業に手を抜くことがない。「手をかければかけるだけ、味に跳ね返ってくると思っています。また、機械では見極められない細かな部分は、やはり人間の目で見て判断することも大切です」と専務。一旦造りに入ると、蔵人は泊り込みで作業に当たるという。

そんな、まさに蔵人が心血を注いで醸した酒は、キメの細かさと香りの良さに定評がある。

普通酒も、酒造好適米を七割以上用いるなど、原料からして気を配る。また、純米酒は契約栽培で作られた低農薬の五百万石を原料にしており、清酒鑑評会に2年連続入賞するなどこちらも評価が高い。しぼりたて生酒原酒は、12月のまさに寒のさなかに仕込む、人気の商品である。
「昔から『酒屋万流』と言われ、それぞれの蔵元にそれぞれの造りがあり、それぞれの味があります。酒の原料は米と水と単純ですが、二つとして同じ味の酒を醸す蔵元はありません。それだけ目に見えない部分が大きいということだと思います。私は今の造りを変えることなく、ていねいな酒造りをしていきたいと考えています」

地元の原料をていねいに地元で醸す。そして地元の人に愛され、地元の人の誇りになる。これぞ「本当の地酒」と言えよう。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ